国がん間野センター長「日本人のがんゲノムデータは国内に集約するべき」

 日本のがんゲノム医療は今年(2020年)2年目を迎えた。けん引する国立がん研究センターがんゲノム情報管理センター長で、第110回日本学士院賞を受賞した間野博行所長に、がんゲノム医療の現状を聞いた(インタビューはオンラインで行った)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)