食物繊維が免疫チェックポイント阻害薬の効果を決める

 がんに対する免疫チェックポイント阻害剤の効果を左右する因子として患者の食物繊維の摂取量が注目されてきた。昭和大学では腫瘍内科医と栄養士が協力して、検証に乗り出した。年内に結果をまとめ、近い将来のランダム化比較試験につなげる計画だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)