遺伝子発現量に応じた薬剤の使い分け、iCONMが機能性ナノカプセルで実現

 同一のがんドライバー遺伝子の変異であっても、その発現量が変われば悪性度も薬剤応答性も変わる。川崎市産業振興財団ナノ医療イノベーションセンター(iCONM、片岡一則センター長)のグループが、このほどがん遺伝子c-Mycの発現量に応じた薬物放出速度が異なる2種類の機能性ナノカプセルの作成に成功、米国化学会が発行するナノ科学の専門誌ACS Nanoに発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)