感染すると90%以上が発病する麻疹には「危機感」を持って対処するしかない

 中国国家衛生健康委員会(以下『国家衛健委』)は2020年の12月28日、2020年11月度の『全国法定報告伝染病流行概況』(以下中文の『伝染病』は『感染症』)を発表しました(中国2020年11月度全国法定報告伝染病流行概況)。今回は、中国におけるCOVID-19の最新状況と乙類(B類)感染症の中で狂犬病と同様に患者数が激減しつつある『麻疹』について書いてみたいと思います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)