異例づくしの「Apple Watch」心電図機能等の国内承認

 こんにちは。日本生まれの「規制科学(レギュラトリーサイエンス)」をナリワイにしていますピエール・近藤です。本コラムの第1回、第2回では、デジタルヘルスの基本的な考え方についてお届けしました。今回は、今様々な業界で話題となっている、心電図機能と心拍数機能を備えた「Apple Watch」の日本での薬事承認を例に、デジタルヘルスを規制科学の面からひも解いてみたいと思います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)