微妙に揺らぐ、デジタル治療の定義

 こんにちは。日本生まれの「規制科学(レギュラトリーサイエンス)」をナリワイにしていますピエール・近藤です。本コラムの第1回では、基本に立ち返り、デジタルヘルスの定義について考察してみました。第2回は、世界的に様々な動きが出ている、いわゆる「デジタル治療/デジタルセラピューティクス(digital therapeutics: DTx)」について詳しく解説していきたいと思います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)