日本の株式市場に上場するバイオベンチャー企業の株価を週ごとにウォッチしていく「バイオベンチャー株価週報」。2021年7月21日水曜日の終値が、前週の金曜日(7月16日)の終値に比べて上昇したのは8銘柄、下落したのは38銘柄、不変だったのは1銘柄だった。

バイオテクノロジーの専門情報が毎日届く無料メルマガの登録はこちらから
「日経バイオテク」の無料試読のお申し込みはこちらからお進みください。

 この間、上昇率の第1位はファーマフーズで、+13.6%だった。第2位はDelta-Fly Pharmaで+7.0%、第3位はメディシノバで+4.7%と続いた。一方、下落率では大きい順にオンコセラピー・サイエンスが-24.1%、ステムセル研究所が-13.7%、カイオム・バイオサイエンスが-7.6%となっている。

ファーマフーズ(3265円、前週比+13.6%)

 7月19日にストップ高となる3375円(前日比+17.4%)を付けて取り引きを終えた。16日にロート製薬と資本業務提携で合意したと発表し、さらに19日午前中に2021年7月期の通期業績予想を上方修正すると発表したことで、同日午前中から買い優勢が続き、午後にストップ高まで買われた。

 ロート製薬は目薬のイメージが強いが、スキンケア事業の売上高が全体の6割を超えており、稼ぎ頭となっている。加えてドラッグストア、海外での販路を持つ。このため、通販中心のファーマフーズとの相性が良いと判断されたようだ。提携によって、ファーマフーズが持つ、卵や乳酸菌、酵母などから得られる機能性素材を活用した新商品の開発促進や、ロート製薬の販売網を活用したファーマフーズ製品(育毛剤、化粧品など)の販売強化などが期待できる。

オンコセラピー・サイエンス(82円、前週比-24.1%)

 7月19日に、一時77円(前日比-28.7%)を付けた。16日の市場取引終了後に、塩野義製薬に導出しているがん特異的ペプチドワクチン(S-588410)について、食道がんを対象とした第3相臨床試験で主要評価項目を達成できなかったことが発表された。2015年から開始された試験で、同社で最も進んでいたパイプラインだっただけに、失望売りを招いた。

 この試験において、副次評価項目に設定された細胞傷害性Tリンパ球(CTL)の誘導に関しては、高い誘導率が確認されたとのことだ。しかし、がんペプチドワクチンによるCTLの誘導は通常見られるもので、そのCTLをいかに機能させるかが重要とされる。がんの免疫逃避機構としては、抗原の消失、Tregの誘導、免疫チェックポイントの活用などいくつもある。治療効果を発揮させるには、これをクリアしてCTLを十分に機能させる併用薬の存在がポイントとなり、最近のがんペプチドワクチンの臨床試験は、免疫チェックポイント阻害薬などとの併用試験が一般的となっている。同社も併用試験の実施に向けた戦略の立て直しが急務となりそうだ。

ステムセル研究所(5910円、前週比-13.7%)

 7月19日に7030円を付けたが、20日、21日と続落した。今期の業績予想(純利益1億3600万円)に基づく株価収益率(PER)が265にまで達しており、割高感が高まっていた。21日の終値は5910円に落ち着いたものの、PERは222となり、セルソースの195、ペプチドリームの165、シンバイオ製薬の66などに比べてもまだ高い。

 2020年3月期と同程度の純利益(2億7700万円)を達成できればPERは100程度に収まっていくが、新細胞処理センターの稼働などに伴う事業費用がかさむためハードルは高い。今期予想で同社は2020年3月期(7232検体)と同等のさい帯血検体数(7120検体)を見込んでいるが、さらなる上乗せがなければ、その実現は難しそうだ。産院で開かれる母親学級などの平常化が検体数の増加につながるため、新型コロナウイルス感染症の収束が鍵を握る。

バイオスタートアップ総覧 2021-2022
●上場予備軍のバイオテク企業398社を一挙収載
●あなたの知らない「次のユニコーン」がこの中に!
●競合と比べた技術的アドバンテージを独自解説
詳しくはこちらをご覧ください!
順位社名株価(終値)騰落率
7月16日7月21日
1ファーマフーズ2875326513.6%
2Delta-Fly Pharma176218867.0%
3メディシノバ4074264.7%
4ヘリオス165917203.7%
5ユーグレナ98210062.4%
6そーせいグループ173717510.8%
7オンコリスバイオファーマ130113100.7%
8タカラバイオ282128310.4%
9テラ2122120.0%
10キッズウェル・バイオ559558-0.2%
11シンバイオ製薬20001992-0.4%
12フェニックスバイオ620615-0.8%
13DNAチップ研究所679672-1.0%
14デ・ウエスタン・セラピテクス研究所279276-1.1%
15メディネット9089-1.1%
16サンバイオ12341220-1.1%
17免疫生物研究所513507-1.2%
18ナノキャリア297293-1.3%
19ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ819807-1.5%
20ソレイジア・ファーマ144141-2.1%
21窪田製薬ホールディングス237232-2.1%
22ファンペップ420411-2.1%
23セルソース1536015030-2.1%
24ペプチドリーム47704660-2.3%
25総医研ホールディングス443432-2.5%
26メドレックス200195-2.5%
27リボミック314306-2.5%
28ラクオリア創薬999973-2.6%
29プレシジョン・システム・サイエンス789765-3.0%
30ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング735711-3.3%
31ブライトパス・バイオ178172-3.4%
32モダリス15811527-3.4%
33リプロセル327315-3.7%
34キャンバス390375-3.8%
35ジーエヌアイグループ19911912-4.0%
36セルシード246236-4.1%
37カルナバイオサイエンス13211267-4.1%
38ステムリム747712-4.7%
39トランスジェニック564537-4.8%
40ステラファーマ508482-5.1%
41スリー・ディー・マトリックス350332-5.1%
42アンジェス797756-5.1%
43ペルセウスプロテオミクス777726-6.6%
44クリングルファーマ1013946-6.6%
45カイオム・バイオサイエンス301278-7.6%
46ステムセル研究所68505910-13.7%
47オンコセラピー・サイエンス10882-24.1%