医薬・バイオ分野のベンチャー企業は、電気・機械系分野と異なり、基本特許を成立させた後での特許戦略が必要となる。特許化後に攻防が生じるためである。本来なら、1度の出願で済む特許出願を、あえて複数に分けて出願する「分割出願」を活用することで、攻防に打ち勝ち、資金獲得、技術導出、競合他社排除を成功に導く分割出願戦略を本稿では提案する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)