ベンチャーとVCに特許セカンドオピニオンを勧めるワケ

 バイオベンチャー企業にとって、特許は事業を支える柱である。特許の取得はバイオベンチャー企業の企業価値を左右することも少なくない。しかし、知財部門を有しないバイオベンチャー企業では、事業を保護する重要な特許を取得し損ねていることがある。バイオベンチャーの知財戦略を成功に導くためには、出願を担当する弁理士(「代理人弁理士」という)とは別の特許事務所に所属する弁理士によるセカンドオピニオンが有効である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)