起業前からの投資が強いバイオベンチャーを生む

 市場において製品の競争優位性を高めるという意味での特許の価値はよく知られている。バイオ医薬品の時代が始まろうとする中、資金戦略における知財の重要性も大きく変わってきた。本稿では、バイオベンチャー企業の戦略として、資金獲得における特許戦略の重要性を指摘する。さらに、バイオ医薬品の研究開発を行う企業を支援するベンチャーキャピタル(VC)の戦略として、バイオベンチャー企業を対象としたハンズ・オン投資の新しい形を論じる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)