バイオベンチャー企業は、投資を受ける際や技術を導出する際に知財デューデリジェンス(以下、知財DD)を受ける。知財評価は、単純ではなく、事情により評価が変わること、専門家間で評価が異なることがある。知財DDでは、被評価者側は受け身で対応するだけではなく、不安要素を抽出しようとする評価者側に対して自社に有利となるような情報提供を積極的に行う必要がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)