iPS細胞(人工多能性幹細胞)は、我が国発の革新的技術であり、iPS細胞の医療応用が世界中の注目を集めている。この技術の確立により、ES細胞が抱える倫理的問題や他家移植による免疫拒絶の問題は払拭され、再生医療の実現に拍車が掛かると期待されている。iPS細胞は、再生医療技術の主要な要素技術であり、世界がその知的財産の行方に着目している。本稿ではiSP細胞に関わる衝撃的な特許を紹介し、バイオ分野の最強の特許戦略とは何かを論じたいと思う。



この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)