日焼けせずに皮膚を黒くして皮膚がんを予防するイノベーション

 私は、Cutaneous Biology Research Center, Massachusetts General Hospital, Harvard Medical Schoolで講師を務める川上聡経と申します。私は、子供の頃から英語が好きで、海外に憧れてきました。大学院に進学してから、もう少しサイエンスを続けたいと考える中で、当時の札幌医科大学皮膚科学講座教授、神保孝一先生のご紹介を受けて、ボストンへ留学し、「メラノサイト(色素細胞)」と「メラノーマ(悪性黒色腫)」の研究をしています。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)