海外留学は多様性と流動性の中に飛び込んで自分の道を切り拓くチャンス

 「月曜日の朝に『ロングウッドで朝食を』という朝食会をするから藤井さんも来ませんか?」と声を掛けられたのがちょうど渡米直後の2015年5月。私は2回目からの参加となりましたが、今やボストンの日本人コミュニティーの代名詞といってもいいほどの会となっています。ここで育んだネットワークは、私にとって一生の財産と言えます。このたびリレーコラムということで朝食会や留学にまつわる話を書かせていただきたいと思います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)