3月18日に開催された「新型コロナウイルス感染症対策本部」(画像:首相官邸ホームページ)

《首相官邸》
2020.03.18:新型コロナウイルス感染症対策本部(第20回)。安倍首相は「現下の世界での感染拡大状況に鑑み、本日、全世界を対象に、感染症危険情報レベル1を発出し、国民の皆様に、地域を問わず、全ての海外への渡航の是非又はその延期の必要性について注意喚起することといたします」と語った。全世界を対象に、渡航の注意喚起を発令したのは日本では初めて。ただ、各国は渡航を禁止するなどより強制力のある措置を取っている。

《厚生労働省》
2020.03.18:「新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について」を更新。3月18日の12時時点で、国内感染者は907例、うち患者は805名、無症状病原体保有者100名、陽性確定例2名。空港検疫で患者1名、無症状病原体保有者6名が確認されてことから、合計すると感染者は914名、死亡者は31名となった。
2020.03.18:「新型コロナウイルス感染症に関する入退院の状況」を公表。17日18時現在で、国内でPCR検査陽性となった868人のうち、退院は191人、現在も入院は648人、死亡者は29人だった(数値にクルーズ船の事例は除く)。

《外務省》
2020.03.18:「新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化」を発表
2020.03.18:「各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況」と「日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限」を更新

《経済産業省》
2020.03.18:「マスクや消毒液やトイレットペーパーの状況」を更新。布製マスクを2000万枚、国が一括して購入して、自治体の協力を得て介護施設、障害者施設、保育所、学童保育などに配布する準備を進める。

バイオの専門情報が毎日届くメルマガ(無料)の登録はこちらから
「日経バイオテク」の無料試読のお申し込みはこちらからお進みください。
Trump政権は新型コロナに対して1兆ドル(約107兆円)規模の経済対策を検討している(画像:123RF)

《The White House》
2020.03.16:「Coronavirus Guidelines for America」を発表。世界で大流行している新型コロナウイルスに対する新しいガイドラインを明らかにした。リスクが低いとされる若年層に対しても、ウイルスの感染拡大を阻止するために協力するように求めた。

《WHO=世界保健機関》
2020.03.18:「Coronavirus disease (COVID-2019) situation reports」を更新。午前0時現在(欧州中央時間)、全世界の感染者数が19万1127人(24時間の新規感染者は1万5123人)、死者は7807人(新規786人)と発表した。