寒原裕登(かんばら ひろと)
寒原裕登(かんばら ひろと)氏 日本で博士号を取得後、大阪大学微生物病研究所特任助教を経て渡米。感染 症、免疫分野での基礎研究に従事。米Harvard Medical Schoolの講師を経て、ボストンのスタートアップである米Quench Bio社に転職し、創薬研究に携わる。その後、ベンチャーキャピタルの米Atlas Ventureのコンサルタ ントとなり、新たな創薬スタートアップの立ち上げを支援。現在はその創業メ ンバー(プリンシパルサイエンティスト)として創薬研究を継続中。 Cambridge Innovation Center(CIC)のメンターとして日本の創薬スタートアップの支援を したり、ブログ(https://boston-info.blog/)やツイッター(@BostonBosusara)を通してボストンに関する情報を発信したりし ている。
 米国マサチューセッツ州ボストンは、世界最大規模のバイオクラスターとして、今もその規模が拡大中。アカデミア・創薬スタートアップで研究者として働いた著者が、ボストン界隈のバイオ業界で起きている日常やホットな話題、役立つ情報などを発信します。