東芝、全方位外交で精密医療を実現へ、「しがらみ」の無さを生かして再挑戦

 1875年(明治8年)に創業した東芝は、日本を代表する電機メーカーであることは間違いない。連結売上高はピーク時に7兆円を超え、従業員数も20万人を突破していた。その名門企業に激震が走ったのは2015年4月。過去7年間に2000億円以上の利益を水増ししていた不正会計が発覚したのだ。西田厚聰、佐々木則夫、田中久雄の歴代3社長が引責辞任に追い込まれた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)