東北大発のレボルカ、AIで蛋白質を最適化、キリンで抗体医薬率いた片岡博士が代表

 レボルカ(RevolKa)は、東北大学発のスタートアップとして2021年4月に設立された。バイオ製品のコアとなる蛋白質を人工知能(AI)で進化させることで、世界の人々の「健康」と「豊かさ」に貢献することを目指している。地球上における進化で生物が機能分子として選択した蛋白質を、AI技術を水先案内として試験管内で進化を模倣する進化分子工学の考え方を活用する。同社が「ライブラリーデザインサイクル」と呼ぶ技術を用いて、蛋白質を自然界ではたどり着けなかった領域まで進化させ、医薬を中心とする様々な分野が求める機能分子として提供する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)