CoreTissue BioEngineering、脱細胞化技術で自家組織不要の移植医療目指す

 形成外科のジャンルの1つに、自家組織を用いた再建術がある。ハムストリングと呼ばれる太ももの後ろ側の腱を移植する膝前十字靱帯再建術、足の大伏在静脈を用いる冠動脈バイパス術、大・小伏在静脈を用いる大動脈等血管移植術、臀部の皮膚などを用いる皮膚移植術、腹部の皮膚脂肪組織を用いる乳房再建術、肋軟骨を用いる耳介形成術などがそれに当たる。これら自家組織を用いた再建術の症例数は、国内では年間10万例以上に上るとみられている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)