ベンチャー探訪

アーサムセラピューティクス

作用機序をベースにリポジショニング
(2018.11.19 00:36)1pt
2018年11月19日号
久保田文

 アーサムセラピューティクスは、武田薬品工業でドラッグリポジショニング研究に携わっていた元研究者3人が、武田薬品のアントレプレナーシップベンチャープログラム(EVP)を通じて立ち上げた。うち、Sham Nikam CEOと長袋洋 COO兼CSO(写真)が共同で代表取締役を務める。同社は、製薬企業やベンチャー企業、アカデミアなどが保有するシーズの中から、作用機序や標的パスウェイを基に、新たな対象疾患を見いだし、臨床へ橋渡しする能力を強みとしている。「ドラッグリポジショニングでは過去の研究開発のデータが蓄積されているため、スキップできるプロセスもあり、効率よく開発を進められる。最少の社員数や、バーチャル(共同研究や委託研究)を中心とした研究開発によって、さらに開発コストを抑えることが可能だ」と長袋COOは話す。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

ベンチャー探訪のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧