アルガルバイオ

 アルガルバイオは、東京大学河野重行名誉教授らの研究から得られた微細藻類の突然変異株を応用し、それらが産生する機能性色素や機能性脂肪酸の事業化を目指すベンチャー企業だ。河野名誉教授の研究室で研究していた竹下毅社長らによって、東京大学エッジキャピタル(UTEC)などからの支援の下、2018年3月に設立された。その後、2018年4月にはシードラウンドとしてUTECなどから5000万円の資金を調達している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)