Vetanic、臨床グレードのiPS細胞を確立し動物の再生医療を実現へ

 Vetanic(ヴェタニック)は、iPS細胞を用いた動物の再生医療を実現させるために2021年1月に設立された、慶應義塾大学および日本大学発のスタートアップだ。これまで困難とされていた、イヌなどの動物種におけるiPS細胞の樹立に成功した。そのiPS細胞から誘導する様々な再生医療等製品を事業展開する方針で、2024年に第1号の製品を上市する計画だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)