アークメディスン、薬物プロファイル改善する基盤技術活用し創薬へ参入

 アークメディスン(茨城県つくば市、田中圭悟社長)は、2019年2月に設立され、2019年4月に創業したエーザイのカーブアウトベンチャーだ。独自の創薬合成の基盤技術である「HiSAP」をベースに新薬の研究開発を手掛ける創薬事業に参入する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)