イクスフォレスト セラピューティクス(xFOREST Therapeutics Co., Ltd.)

 低分子創薬の限界が指摘される理由の1つに、従来のスクリーニング手法でアプローチしやすい標的が残り少なくなってきたことが挙げられる。そこで、蛋白質-蛋白質間の相互作用や、メッセンジャーRNA(mRNA)やmiRNAなど生体内の機能性RNA分子を標的とする創薬が注目されている。ただ、低分子化合物を中心とする創薬に主に取り組んできた日本の製薬企業の多くは、これらの標的を攻めあぐねているのではないだろうか。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)