ベンチャー探訪

ペリオセラピア

抗ペリオスチン抗体で乳癌治療
(2019.10.07 00:36)1pt
2019年10月07日号
橋本宗明

 谷山義明社長が大阪大学臨床遺伝子治療学准教授時代に行ってきた研究に基づいて2017年10月に設立した。慢性炎症性疾患などと幅広い関係が報告されている細胞外マトリクス蛋白質のペリオスチンには、スプライシングバリアントが存在し、その中には病的なバリアントがある。ぺリオセラピアはこの点に着目し、病的なバリアントを標的とする抗体医薬の開発を進めている。谷山社長は准教授を退任して社長に就任したが、大阪大大学院医学研究科の招聘教授を兼務している。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

ベンチャー探訪のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧