TOWING、微生物叢の利用で高品質な土壌を安定生産、宇宙でもできる循環型農業目指す

 TOWING(トウイング、名古屋市南区)は、有機農業で重要になる「良い土壌」を微生物叢の活用で安定生産することを目指している。名古屋大学発スタートアップで、東海地方を拠点に製品の「高機能ソイル(土)」と、それを使った有機栽培システムを販売する。将来的には、高機能ソイルの販売を全国に広げるとともに、完全循環型の農作物栽培システムを作り、宇宙での農業実現を目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)