エムバイオテック、マイコプラズマ特異的抗原を炎症性難病の診断や治療に活用

 エムバイオテックは、山口大学医学部出身の医師で日本マイコプラズマ学会の学術集会長を務めたこともある松田和洋社長が、自らの研究成果を基に立ち上げたスタートアップだ。マイコプラズマに特異的な抗原を複数発見しており、これを診断薬や治療薬に活用するための研究開発を進めている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)