ベンチャー探訪

ゲノム情報の活用を促す事業モデルのAWAKENS

ゲノム時代のプラットフォームを目指して稼働開始
(2017.08.23 10:03)1pt
橋本宗明

 ゲノム情報を活用した各種サービスのプラットフォーム構築を目指したバイオベンチャーのAWAKENS社は2017年8月21日、500 Startups Japan、エムスリーなどからの資金調達を完了したと発表した。同社はカリフォルニア州にある米Illumina社のインキュベーション拠点に本社を置くが、それぞれエムスリー、DeNA、ソニーとエムスリーの合弁であるP5でゲノム関連事業に関わってきた3人の日本人が共同で2017年1月に起業した。「誰もが自分のゲノムを持つ時代」を視野に、ゲノム関連サービスをスタートさせる。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧