インド出身医師が創設したジーエヌコーポレーション

 山梨県甲府市に本社を置くジーエヌコーポレーション(網倉よし子代表取締役社長)は、インド出身の医師であるSamuel JK. Abraham氏(同社研究開発担当)が考案した技術で事業化を目指すベンチャーだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)