ペルセウスプロテオミクス、VCから資金調達してIPO目指すビジネスモデルに転換

 ペルセウスプロテオミクスは2018年3月に日本ベンチャーキャピタル(NVCC)など計6社を割当先とする第三者割当増資により14億円の資金を調達し、それまで77%を出資していた富士フイルムの連結対象から外れ、株式市場への上場を目指すビジネスモデルに転換していたことが分かった。ただし、6社の中には富士フイルムも含まれており、富士フイルムが大株主であることには変わりはないようだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)