ルクサナバイオテク、核酸医薬のシーズ提供から開発支援までサポート

 ルクサナバイオテク(大阪府吹田市)は、大阪大学大学院薬学研究科の小比賀聡教授の研究成果である複数の修飾核酸や核酸医薬の設計技術などを実用化すべく、2017年12月、創業関係者が出資して設立されたベンチャー企業だ。ジーンデザイン(現味の素グループ)で長年、核酸医薬の受託製造や研究開発に携わっていた佐藤秀昭氏が代表取締役に就任。2018年2月から業務を本格化させている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)