インナーリソース、独自システムで研究機関の購買など効率化後押し

 研究する時間が無い、研究費が無い、研究不正が無くならない――。大学など、国内の研究機関を取り巻く研究環境は、年々厳しさを増している。2017年6月に設立されたベンチャー企業のInner Resource(東京・中央、松本剛弥社長)は、ライフサイエンス業界の研究環境の無駄を減らし、研究者を支援するサービスの提供を目指している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)