GenAhead Bio、ゲノム編集を効率的に行う創薬支援事業などに注力

 GenAhead Bio(ジェナヘッドバイオ、神奈川県藤沢市、周郷司社長)は、武田薬品工業のアントレプレナーシップベンチャープログラムから2018年2月に発足したベンチャー企業だ。ゲノム編集を活用した創薬支援や筋肉細胞特異的なDDS技術の研究を手掛ける。2018年5月30日、同社の周郷社長が、本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)