ジョリーグッド、VRを用いて精神疾患治療向けの医療機器プログラムなど開発

 ジョリーグッドは、医療・福祉分野などでVR(仮想現実)のコンテンツ開発を手掛けるスタートアップだ。VRとは、VR用に制作されたコンテンツを視聴して、現実の世界や架空の世界を疑似体験できる技術のこと。利用者は、ヘッドセット型の専用デバイスを装着し、360度展開される映像を見たり、音声を聞いたりしながら、自由に動いて好きな場所に移動したり、選択肢を選んでストーリーを展開させたりできるものもある。VRにより、再現された現実の世界や創作された架空の世界にいるような臨場感を味わうことができるため、エンターテインメント業界や教育業界、観光業界などで実用化が進んでいる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)