フェルメクテス、独自の納豆菌を培養し納豆菌粉として食品に

 フェルメクテスは、枯草菌の一種である納豆菌を大量培養・加工し、納豆菌自体を食品として開発・販売することを目指すスタートアップだ。2021年7月、慶應義塾大学先端生命科学研究所(先端研)と鶴岡工業高等専門学校が連携し、創業関係者の出資によって立ち上げられた。同社の大橋由明代表取締役は、先端研発のスタートアップであるヒューマン・メタボローム・テクノロジーズで取締役研究開発本部長などを務めた人物だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)