メディギア、腫瘍だけ封じ込めるナノデバイスを開発、2020年に臨床へ

 東京工業大学発のバイオベンチャー企業であるメディギア・インターナショナル(横浜市緑区、田中武雄社長)は、腫瘍だけを封止して撃退するナノデバイス技術を開発している。田中社長は工学部出身で、元は神戸製鋼所の研究者だった。60歳を過ぎてから大学院の博士課程で学び直し、バイオベンチャー企業を立ち上げた異色の経歴の持ち主だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)