プロテオブリッジ、網羅的蛋白質アレイで受託解析を開始

 産業技術総合研究所(AIST)発のベンチャー企業である、プロテオブリッジ(東京・江東、熊谷亮社長)は約2万種類の蛋白質が載った蛋白質アレイを用いた受託解析を2018年6月から始める。解析に要する期間は3営業日(日本国内)で、バイオマーカーの探索などが迅速に進められる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)