シンクサイトは人工知能(AI)を用いて、細胞の形態情報から細胞を分取する技術を開発している。フローサイトメトリーの次世代版ともいうべきもので、同社は「ゴーストサイトメトリー(Ghost Cytometry)」と呼んでいる。従来とは次元の異なる速さで細胞を分析・分離するシステムを開発するため、2016年2月に創業した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)