ベンチャー探訪

リンフォテック、自家リンパ球の再生医療等製品化目指す

まずは2017年下期にも卵巣癌を対象とした併用療法で臨床研究を実施
(2017.05.17 11:15)1pt
高橋厚妃

 リンフォテックは、患者のリンパ球を活性化させ、患者に移植する癌の免疫細胞療法を手掛けている。2017年3月16日、同社の佐藤一弘社長が本誌の取材に応じ、同社の「活性化自己リンパ球療法関根法」を再生医療等製品として承認申請を目指すことなどを説明した。



ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧