米Digestome社、食品由来ペプチドを抗うつ薬や抗不安薬として開発

 米Digestome Therapeutics社は、京都大学大学院農学研究科食品生物科学専攻食品生理機能学分野の大日向耕作准教授の研究成果を基に、食品由来のペプチドを抗うつ薬や抗不安薬として開発している京都大学発のスタートアップだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)