オリゴジェン、他家の神経幹細胞の臨床入り目指す

 オリゴジェン(東京・千代田区、城戸常雄社長)は、2015年8月に設立され、胎児由来のヒト神経幹細胞を用いた細胞医薬品の研究開発を行うベンチャー企業だ。2017年4月12日、同社の城戸常雄社長が本誌の取材に応じ、研究開発中の「OligoGenie(オリゴジニー)」の特徴などについて説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)