オーガンテクノロジーズ、機能評価可能なヒト皮膚組織を今夏に販売へ

 オーガンテクノロジーズは、理化学研究所の辻孝チームリーダーの再生医療の技術の実用化を目指している。2017年3月13日、同社の杉村泰宏代表取締役が本誌の取材に応じ、現在注力しているiPS細胞由来毛包細胞の実用化事業の他、開発中の研究用のヒト皮膚組織を2017年夏にも販売を開始することなどについて説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)