マイクロ流路を使った出生前遺伝子検査の技術を開発するTL Genomics

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の研究開発型ベンチャー支援事業などの支援を受けて、マイクロ流路デバイスを用いた検査技術の開発を行ってきたTL Genomics(東京都小金井市、久保知大代表取締役)は、2018年4月27日付で約3億円の第三者割当増資を行ったことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)