サーマス、好熱菌で微生物動態を制御する産学連携型ベンチャー

 サーマス(千葉県市川市、渡邉寛社長)は、菌叢(フローラ)制御能を持つ好熱菌BP-683を核として事業展開している産学連携型の大学発ベンチャー。2013年1月29日に設立された。資本金1000万円の10%を、千葉大学大学院園芸学研究科の児玉浩明教授が出資しており、千葉大学関連ベンチャーの12番目として千葉大学のウェブサイトに掲載されている。研究室は、千葉大学の西千葉キャンパス内にある知識集約型共同研究拠点にある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)