理研ジェネシス、2017年内にも癌クリニカルシーケンスの受託開始

 理研ジェネシス(東京・品川)は2017年中にも癌クリニカルシーケンスの自社ラボでの受託を開始する計画だ。2017年3月17日に近藤直人社長(写真)が取材に応じ、明かした。同社は4月6日に、川崎市のキングスカイフロントライフイノベーションセンター内に大規模遺伝子解析施設「理研ジェネシスイノベーションゲノムセンター」を開設したと発表しており、クリニカルシーケンスもこのラボで実施する計画だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)