産総研技術移転ベンチャーのGL-i、今後は診断薬だけでなく創薬やコンパニオン診断薬の開発も

 グライコバイオマーカー・リーディング・イノベーション(GL-i:茨城県つくば市、竹生一行代表取締役CEO)は、2015年3月に設立された糖鎖に関する技術を産業技術総合研究所より技術移転を受けたベンチャーだ。糖鎖に結合活性を示す蛋白質であるレクチンを用いて、癌細胞などに特異的な糖鎖の構造を把握して用いて診断薬や創薬を目指す。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)