ジーンクエスト、2018年までに20万人のアジア人の遺伝データベースの構築を目指す

 個人向け(Direct-to-Consumer Genetic Testing:DTC)の遺伝子解析事業を手掛けるジーンクエストは、東京大学大学院で遺伝子解析を活用して生活習慣病の予防の研究を行っていた高橋祥子氏が、研究室の仲間と2013年6月に設立したベンチャーだ。健康リスクや遺伝的な傾向など300種の情報について調べるジーンクエストALLを4万9800円で、ダイエットや脳の老化など目的に合わせた情報を提供するジーンクエストLITEを1万4800円で提供している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)