キノファーマ、DNAウイルス性イボのパッチ剤でPOC獲得へ

 キノファーマ(東京・中央、黒石眞史社長)は、蛋白質リン酸化酵素(キナーゼ)を標的とした低分子医薬品の研究開発を進めているベンチャー企業。京都大学大学院医学研究科の萩原正敏教授(創業時は東京医科歯科大学教授)を研究創業者として2005年4月に設立された大学発ベンチャーだ。萩原教授は同社の科学顧問を務めている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)