リンクバイオ、薬剤候補スクリーニングを「視える化」し効率アップ

 リンクバイオは、新薬候補物質をスクリーニングする際の効率的な回収技術を提供する、東京大学発のスタートアップだ。東京大学大学院総合文化研究科の吉本敬太郎准教授が開発した技術を基に、2020年5月に設立された。社名は、先端的なバイオ技術を、患者を含む全ての人々に「リンク」させたいという思いから付けられたという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)