Buzzreach、ICTを用いて治験実施医療機関と患者をつなぐ

 Buzzreach(バズリーチ)は情報通信技術(ICT)を利用し、治験や臨床試験、臨床研究に関連するサービスを展開するスタートアップだ。猪川崇輝(いのかわ・たかてる)社長が2017年6月に設立した。中心のサービスは、臨床試験の計画から市販後マーケティングまでの様々な業務の管理が可能な、製薬企業、治験実施医療機関向けのSaaS(Software as a Service)型のプラットフォームサービスである「puzz」だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)